ページ内を移動するためのショートカット

ページトップへ

花粉による肌トラブルに注意!!

春はただでさえ寒暖の差が激しかったり、
紫外線が増えたり、肌への刺激が多い季節。バリア機能が低下した乾燥肌には花粉もまた刺激になります。
乾燥による敏感肌の治療には、バリア機能の改善×新陳代謝の促進を。

花粉による肌トラブルとは

スギ花粉皮ふ炎

お肌の悩み

花粉症と言えば、スギ花粉による鼻や目の症状が一般的ですが、
近年、これらの症状に加え、顔や首などにかゆみや湿疹を生じる
「スギ花粉皮ふ炎」を訴える人が増えています。
これは、スギ花粉が直接皮ふに触れることで生じます。

こんな人はご注意を

写真:ブタクサ

春先に目の周囲や頬などの露出部位や、首などのこすれたりする部位に、じんましん様の腫れぼったい赤みやヒリヒリ・かゆみが生じます。比較的若い女性に多いようで、化粧のノリが悪いことから気づくこともあるようです。
普段から外的刺激を受けやすい 乾燥肌・敏感肌の人は要注意 です。
特に、アトピー性皮ふ炎の人は、肌のバリア機能が低下しているため、スギ花粉が侵入しやすく炎症が起きやすいことから、顔などの露出部位だけでなく、全身に赤みや湿疹が生じ、アトピー性皮ふ炎が悪化します。
また、花粉はスギだけでなく、ブタクサなど他の花粉によっても生じることもあるようです。

ページTOPへ

トラブルをくり返す肌とは

乾燥によりトラブルをくり返す敏感肌では、バリア機能が低下し、表面から水分や油分が失われるだけでなく、外的刺激に無防備な状態となります。
知覚神経が肌の表面近くにさらされるため、ちょっとした刺激に対しても敏感に反応し、ヒリヒリやかゆみをもたらしてしまいます。

肌トラブルのケア

セルフケアでトラブルに対処!

肌トラブルが現れたとき、皮ふ科では抗ヒスタミン薬の飲み薬のほか、炎症が強い場合にはステロイドやアトピー性皮ふ炎の塗り薬などで治療することとなりますが、トラブルに対処するために、日ごろからセルフケアを心がけましょう。

どうすればいいの?

外的刺激から肌を守る肌の自己防衛機能、 バリア機能を整えてあげること が大切です。
そして、そのバリア機能が崩れないためには、肌の新陳代謝(ターンオーバー)のリズムが整っていることも必要になります。 血行を促進することで、肌の新陳代謝は活発化 します。

セルフケアのポイント

  • point1 花粉など刺激となるものが直接皮ふに触れないよう、マスクやマフラーなどで露出部位を減らしましょう
  • point2 肌のバリア機能を崩す原因となる洗浄力の高い洗顔料・石鹸等の使用は避けましょう
  • point3 肌の新陳代謝のリズムを整え、正常なバリア機能を維持するための保湿薬を用いましょう

ページTOPへ

保湿・血行促進・抗炎症作用で敏感肌のトラブルをメディカルケア HPクリーム