ページ内を移動するためのショートカット

有効成分について:ヘパリン類似物質とは

ヘパリン?類似物質??

HPクリームに含まれる、ヘパリン類似物質とは、その名の通り私たちの体内に備わる「ヘパリン」という物質と似た作用を持っている成分です。馴染みのない名前かもしれませんが、国内では50年以上前から使われている成分です。

ヘパリン

  • コンドロイチン・ヒアルロン酸などと同じムコ多糖類の一種。
  • 肝臓で生成され、体内で幅広く存在します。
  • 血液が固まるのを防ぐ作用を持っていたり、細胞増殖や脂質代謝にも関与しています。

ヘパリン類似物質

  • コンドロイチンをさらに精製した天然由来成分。
  • 水と結合しやすいので肌なじみがよく、低刺激。

ヘパリン類似物質の3つの作用

保湿
バリア機能を回復し、肌の潤いを取り戻し、外的刺激から保護します。
血行促進
新陳代謝を活性化、肌再生を促します。
抗炎症
炎症を抑え、荒れた肌を正常な状態へ導きます。

HPクリームのHPの由来は、HeParinoidへパリン類似物質の英名

ヘパリン類似物質の3つの作用

ヘパリン類似物質配合のHPクリーム

乾燥トラブルは、肌が弱っている証拠です。

肌には“水分を閉じ込める力”、“外的刺激を跳ね返す力”があり、バリア機能と呼ばれています。バリア機能が崩れると、水分をキープできずに乾燥し、紫外線などの外的刺激に弱くなってしまいます。また、肌の新陳代謝のリズムも乱れ、肌荒れも修復できにくくなります。ヘパリン類似物質には、このバリア機能を改善し、さらに新陳代謝を高め、肌再生を促進する働きがあります。

ヘパリン類似物質配合のHPクリーム

一般的な保湿クリームの主成分

市販されている保湿クリームは、製品によって使用している保湿成分が異なります。
それぞれの特徴を知って、自分に合った保湿クリームを選びましょう。

ヘパリン類似物質配合のHPクリーム